HOME > パーツ別ニキビ対策

パーツ別ニキビ対策

身体のパーツ別ニキビ対策

実はニキビ、ニキビ跡は顔以外のパーツにもでき、多くの方を悩ませています。
そこで、体のパーツ別のニキビ対策についてご紹介します。

部位別にみるニキビ対策

ニキビは顔にできると言うイメージが強いかもしれませんが、実は顔以外の体のパーツにも多く発生しニキビ跡にも繋がります。。
実はニキビはできる部位によって原因が異なる上、もちろん対策も異なってきます。
そこで、今回はパーツ別のニキビ対策や原因をご紹介します。

デコルテ(鎖骨~胸)

主に紫外線によるダメージが原因で肌荒れが起きているときにニキビができやすくなります。
対策としては、UVケアをしっかりと行うこと。
日焼け止めの使用はもちろん、日傘などを併用すると良いでしょう。
また、服装によっては、ニキビに擦れ、 ニキビを刺激してしまうこともあります。
身体に擦れをさせない衣服選びもすると良いでしょう。

首筋

主に冷えや婦人科系のトラブルがあるとニキビができやすいとされています。
対策としては、まず冷えないように靴下やカーディガンの着用、そしてひざ掛けを使用すること。
婦人科系のトラブルは自己対策が難しい部分もあるので、早めに梅田の婦人科へ行きましょう。

汗などの内的要因と、衣類などによる刺激の外的要因の2つが考えられます。
汗は難しいところですが、こまめにトイレなどで拭き取ること。
衣類はナイロンなどの化学繊維を避け、綿を多く使った素材を選ぶと良いでしょう。

背中

主に汗とシャンプーやリンス、2つの要因が考えられます。
汗をかいたなと思ったらこまめにシャワーを浴びたり拭き取りをしましょう。
また、シャンプーやリンス、ボディーソープがすすぎ残っているとニキビができやすいので要注意。

口周り

口の周りのニキビは、思春期のニキビではなく、大人になってからできるケースが多いです。
ストレスや胃腸が原因で起こります。
対策として、食べ過ぎや飲み過ぎは控えましょう。
消化不良で胃腸の働きが低下してニキビの原因に繋がります。
また、偏った食事や寝る前や夜遅くの食事も控え、ストレスのない生活を送りましょう。