HOME > 10代のニキビと大人ニキビ

10代のニキビと大人ニキビ

10代のニキビと大人ニキビ

思春期の10代と働き盛りの大人にできるニキビはまったくの別物とも言えます。
10代のニキビと大人ニキビの違いをご紹介します。

思春期ニキビと大人ニキビの特徴の違い

10代の思春期ニキビと20代以降の大人ニキビは、同じニキビのようで特徴や原因が全く違います。
原因が違うとなると対処法も当然異なりますから、大人ニキビは10代の頃にしていたニキビケアでは治らない場合も多いのです。
当サイトでは、10代のニキビと大人ニキビの違いについて、簡単にご紹介します。

ニキビができる場所

思春期ニキビ

Tゾーンと呼ばれる、額と鼻を結ぶ脂っぽいラインにできるのが特徴です。
肌が脂っぽい時期ということもあり、顔全体にニキビが広がってしまうこともあります。

大人ニキビ

頬やアゴなどのフェイスラインにできることが多いのが特徴です。
肌全体が乾燥しているというのが思春期ニキビとの違い。

ニキビの原因

思春期ニキビ

二次性徴の訪れとともに増えます。
大人になるためのホルモンが分泌されるため、ホルモンバランスが不安定になることが原因。
ホルモンバランスが乱れることで皮脂が過剰分泌してしまい、にきびが発生します。

大人ニキビ

古くなった角質がうまくはがれずに毛穴を塞ぎ、毛穴の中に溜まった皮脂がニキビになります。
また、肌の乾燥により皮脂の過剰分泌が起きてしまうことも原因の一つ。
加齢によるターンオーバーの衰えやストレスなども影響します。

ニキビの治り方

思春期ニキビ

二次成長の終わりとともに自然完治します。
若さがあり再生能力が高いためほとんどニキビ跡は残りませんが、ケロイド体質の場合はニキビ跡が残ることがあります。

大人ニキビ

10代とは異なり肌の再生能力が衰えているため、治りにくいのが特徴です。
また、同じ場所に繰り返しできるため跡が残りやすいのも特徴の一つです。