HOME >ニキビの種類

ニキビの種類

ニキビの種類

一言でニキビと言っても、実はいくつかの種類があります。 当ページでは様々なニキビの種類と特徴を簡単にご紹介します。

白ニキビ

毛穴が閉じた状態で皮脂が詰まったものが白ニキビになります。

白っぽい色が特徴的で、毛穴の中の皮脂がニキビの原因となるアクネ菌により分解されることで脂肪酸となり、毛穴を刺激することで炎症を起こしたニキビです。 痛みやかゆみがある場合が多く、つい触ってしまいますが、触ってしまうとさらに雑菌を繁殖させて悪化してしまうため要注意。

黒ニキビ

毛穴の周辺で角質の増殖が起こることで、皮脂の出口が塞がってしまったニキビです。
毛穴が閉じた状態で詰まると白ニキビになりますが、毛穴が狭くなり、毛穴から少し頭を出した皮脂が汚れたり酸化して黒くなってしまったものが黒ニキビです。

特徴としては、文字通りにきびが黒く見えること。
また、これによって顔の色がくすんで見えてしまいます。

赤ニキビ

白ニキビ、黒ニキビが悪化したニキビです。
毛穴が完全に塞がれ、皮膚の深い部分でも炎症や化膿を起こしているため赤くなってしまいます。
悪化が進むとかゆみを通り越して痛みが生じることもあります。

特徴としては、にきびやにきびの周辺が赤くなってしまうこと。
悪化した赤ニキビを放置してしまうと、色素沈着やクレーターとしてニキビ跡が肌に残ってしまいます。

黄ニキビ

赤ニキビが進行し更に悪くなると、最終的に化膿してしまい黄ニキビになってしまいます。
黄色い膿が溜まってしまい、皮膚を通して黄色っぽく透けてみえる状態です。
黄ニキビまでなってしまうと、ニキビ治療後も、ニキビ跡として残ってしまうことも比較的多いです。
黄ニキビを自分で触って無理やり潰してしまうと、さらに大きく赤みを帯びた目立ったニキビ跡になり、ニキビ跡治療にも時間がかかってしまいます。
梅田・大阪などの皮膚科に行けば、膿だけを取り除いてくれ被害を最小限にしてくれます。